仮想化基盤技術はビジネスの分野でも活用されている

この仮想化基盤というシステムは、OSやそれに乗っかっているソフトウェアやデバイスドライバ、さらに接続されているハードウェアまで仮想化して再現することができます。
物理的なハードウェアまでソフト的に再現可能なので、その便利な技術はサーバ業界などでも広く活用されています。



具体的には、レンタルサーバの豊富なプランは、従来の場合では一つのサーバに一つのOSがインストールされ、それをサーバプランとして使用するという方法が使われていました。

仮想化基盤技術を使うと、ひとつのサーバの中に複数の仮想環境を構築し、それぞれの環境を一つのプランとして提供することが可能です。



仮想環境なのでCPUのコア数やメモリの容量なども設定で簡単に変更できますし、サーバリソースを無駄なく活用できます。


こういった仮想化基盤サービスが誕生したことにより、利用者は運用しているサイトやサービスの規模に合わせて、柔軟にプランを変更できるようになりました。

そのおかげで、無駄な高額なプランを選択する必要もありませんし、小規模のサービスを運用するときにも最小限のプランを選択すれば節約になります。

このNAVERまとめのことならこちらのサイトにお任せください。

さらに大きな特長として、プランを変更する場合にはサーバを止める必要もなく、プランを変更を実施できるというところにあります。


このおかげで、サイトのアクセスが増加した場合に、一時的に上位プランに切り替えるといったことも可能で、その時々に合った適切なプランを割り当てやすくなります。