仮想化基盤の技術はサーバー業界で役立っています

仮想化基盤の技術とは、OS環境をソフトウェア上でシミュレートして再現できるものです。

OSイメージを仮想環境にインストールする形で利用します。

仮想環境の情報は通常のファイルとして保存されていますから、ハードディスクイメージのバックアップも容易な所が特長の一つです。シミュレーションされて再現された仮想環境畳のOSには、CPUやメモリ、デバイスドライバなども再現されて実装されています。



ハードウェアは本来物理的なパーツで、自由なカスタマイズはできないものですが、ソフトウェア上で再現されたものは、その容量などを自由に設定変更可能です。

必要な環境を手軽に構築できるため、個人でのアプリケーション開発の際には、仮想環境上にあるOSでプログラムを実行して動作実験をするのにも役立ちます。

仮想化基盤の技術が使われている場面は多種多様で、特にビジネスの世界では幅広く使われていて、無くてはならない技術となっています。



主に使われている用途としては、サーバー構築の基盤として活用されているものが多いです。

OKWaveのお得情報を公開します。

大規模なサイトやサービスなどを運用するときには、この仮想化基盤技術をベースにして実装し、沢山のサーバーが組み合わさって連携しています。

仮想環境上のサーバはその自由度や拡張性の高さから、高度な冗長性を実現するのに役立っていて、もしその中の一つのサーバが機能不全に陥ったとしても、すぐに代替するようなことも可能になります。