仮想化基盤を個人のアプリ開発に活用する方法

仮想化基盤という技術は、仮想環境上にOSやソフトウェア、そしてハードウェアなどを再現するシステムを指しています。


この仮想化基盤技術を使うことによって、メインPC上に、複数の異なるOS環境を手軽に構築できるようになります。
他にも、特殊な環境を再現するのにも役立ちますから、OSの挙動を事細かに確かめたり、検証するといったことも可能です。



この仮想化基盤を可能にするアプリケーションは、個人でも無料で使用することが出来ます。仮想化アプリケーションは開発元のサイトから無償でダウンロードできるようになっているので、そこから入手してみましょう。



インストールが済んだら再起動を促される場合もありますが、新しいデバイスもインストールするためこのようになっています。

OSを仮想化するときには、デバイスドライバも仮想化して接続されるようになっていて、それらが全て仮想環境上で動作します。
メインPCで使っているOSと違うOSを仮想化して実行することで、一つのメインPC上から異なったOS環境を簡単に行き来できるようになります。

開発中のプログラムを仮想環境上にコピーして実行することでプログラムの動作実験が手軽にできます。

もし開発したプログラムに致命的な不具合があったとしても、メインPCには影響がないのでノーリスクで実験できるというのが大きなメリットになっています。



仮想環境のバックアップを取っておけばすぐに元の状態に戻せるというのも便利な部分です。



Copyright (C) 2016 仮想化基盤を個人のアプリ開発に活用する方法 All Rights Reserved.